2018年5月4日金曜日

No.887 墨田区 O様:『ハウスメーカー様の優しさが裏目となって施工ミスされる!?』

今日のメッセージ:「第一印象はとても大切。相手に少しでも引っかかりを感じたら、そのインスピレーションは信じていいことが多いのです。」(江原啓之)
■=============================================================>>

今回はエアコン3台付けです。:)


- - - - - - - - - - - - - - - -


*** (1)3F 洋室A:モール処理 ***



*** Before ***


エアコン専用コンセントが窓横にあるため、図面指示ではこちらに室内機を設置。↓




(※エアコン一台につき必ず専用コンセントを使用しなければなりません。そのためエアコン設置位置は基本的に専用コンセントの横となります。)


しかし、間取りやお客様のライフスタイルを考慮すると、右面がお客様の理想設置位置です。↓




右面に設置するとなると、エアコンのコンセントプラグがダラっとなってしまい外観が非常に悪くなってしまいます。:(


ここからが腕の見せ所です。:)






室外機はこちらに設置ですが、↓の写真をみると排水溝がありません。





肝心の排水溝は反対側の奥にあります。今回はこちらも見どころです。:)




*** After ***


右面に据付板を設置し、穴あけです。:)





もちろん、柱は間一髪避けて穴あけしてあります。:D


*** 穴あけ ***


すべての穴あけ箇所は新築専門エアコン職人オリジナル施工のウレタン仕上げですので気密・防水性は万全です!


参考写真


ゴキブリや水はおろか「風」すら通さない完全密閉です!


※発泡ウレタン処理は建材・構造に合わせて適切に施工しなければ全く効果がございませんのでくれぐれもお気を付け下さいませ。




Panasonic:CS-EX227C-W (1)


エアコンプラグが垂れ下がらぬようコンセントまでモールで固定して設置いたしました。:)


Panasonic:CS-EX227C-W (2)

Panasonic:CS-EX227C-W (3)

Panasonic:CS-EX227C-W (4)


外観を考慮し、天井沿いに這わせてモールを設置いたしました。:)


Panasonic:CS-EX227C-W (5)

Panasonic:CS-EX227C-W (6)

Panasonic:CS-EX227C-W (7)





こちらのベランダは排水溝に水が流れるように少しだけ傾斜がついています。


そのため、そのままホースで排水するとベランダ全体が水浸しになってしまい水垢・コケ等が付着・堆積してしまいます。


参考写真

そこで、外観・耐久性の良い塩ビ管を使用して排水溝まで直接水が流れるように施工いたしました!(→こちらは手作業で加工・設置しております。)


また、室外機には振動による音を軽減させるために「防振ゴム」を敷いてあります!







- - - - - - - - - - - - - - - -


*** (2)3F 洋室B:縦おろし ***



2階に「室内機」


地上「室外機」


の配管縦おろしとなります。:)


*** Before ***



*** After ***





Panasonic:CS-EX227C-W (1)

Panasonic:CS-EX227C-W (2)

Panasonic:CS-EX227C-W (3)





換気用エアコン用ヘッドカバーとなります。:)





*** エアコン交換時 ***


将来エアコンを交換する際、配管などの部材をすべて再利用できるよう施工しております。

エアコン交換時は3階建てであっても改めてお隣の敷地を借りたりハシゴや足場を組む必要もなく、本体を交換するだけで済みますので経済的です!:D


エアコンの部材選定や施工方法(技術力)によってこのようなことが可能となります!

私たちは「エアコン機種選定」から「将来のエアコン交換」までのことをトータルに考えてご提案・コーディネートさせて頂いております。



※こちらもご参考下さい。
No.883 荒川区 N様:『将来のエアコン交換ができない!?』








一般的な工事では雨樋部分などはカバーをしなかったり(配管のまま)、「曲がりのきくジャバラ部材」などを使用しますが、 私たち新築専門エアコン職人は外観や耐久性の良くない「ジャバラ部材」は使用せず、手作業で部材を加工して設置するのをモットーとしております。

参考写真1

参考写真2


手間暇掛かりますが、その分「見た目・耐久性」は格別です!






- - - - - - - - - - - - - - - -


*** (3)2F リビング ***



*** Before ***


ハウスメーカー様のご配慮か、室内機を取り付ける内壁に「エアコン据付板を固定する下地」がはられておりました。


一見、非常に親切に思うかもしれませんが、実は紙一重なんです。。。(T ^ T)


基本的にハウスメーカー様や設計士の方であってもエアコン工事については詳しくはございません。


そのため、事前にエアコン設置場所や穴を用意してくれることがございますが、多くの場合が非効率であったり寸法に無理がある場合や、穴が大きすぎたり小さすぎたりすることがほとんどなのです。


人と同じようにご新築も断熱性や気密性、立地条件や間取りによってその性能や個性は千差万別ですので、ご新築に「適切にエアコンを設置する」ことは実は難しいことなのです。


新築エアコン工事で特に気をつけるべき事例として以下の項目をご参考下さい。

 1. エアコンを設置する前に穴をあけてしまっている

→お部屋の間取りに対してエアコン効率や外観が悪い位置であっても、その穴位置に合わせて室内機を取り付けなければなりません。こうなると工事も非常に複雑になる場合がございます。

2. 室内機を設置するスペースが狭い

→小型タイプのエアコン機種を選定するか、設置位置を変更しなければなりません。カーテンレールを取り付けすることを考えると、エアコンが設置できなかったり、カーテンレールを加工または設置しなおす必要がございます。

3. エアコン専用コンセントの位置が不適切

→エアコン一台につき必ず専用コンセントを使用しなければなりません。専用コンセントの位置によってはエアコン効率や外観が非常に悪くなるため、コンセントを適当な位置まで移動して室内機の設置位置を変更しなければなりません。

4. 室外機を置く場所が狭すぎる

→狭いスペースに室外機を設置すると風が抜けず運転が停止したり故障の原因となりますので、「風向調整板」を取り付けたり、設置場所を変更する必要がございます。





実はこちら、カーテンレールを考慮すると室内機を設置できる空間が非常に狭いため穴あけには細心の注意を必要とします。








*** After ***






わかりづらいですが手前に石膏ボードの他に板がございます。エアコン据付板を固定することを考慮して入れて下さったようですが、これがあると壁内部の構造を把握しづらくなるため、実はない方が良いのです。


今回、ただでさえ室内機を設置できる余裕がないにも関わらずボードがはられてあるため、もしも教科書通りの穴あけしかできない工事人が担当していたら「柱」や「筋交い」を抜いていた可能性が非常に高いんです。


写真を見るとホールダウン金物といって柱を固定するボルトがございますが、ここもしっかりと調査しないで穴あけすると大変なことになります。


手抜き工事の多くがエアコン交換時などに発覚するため、その時ではわかりません。みなさんご存知ないのですが、実は本当に驚くほど「柱」や「筋交い」を気づかぬうちに抜かれていることがあるんです。


この業界は電気工事士の資格もなく専門知識もないのに工事を行う職人が非常に多いのも問題ですが、やはりお客様自身で気をつけるしか大切なご新築を守ることはできないのです。

明日は我が身とならぬようくれぐれもお気をつけ下さい。





石膏ボードと板、この板が蓋となって内部を調べるのが困難になるのです。





エアコン目線


キッチンまでしっかりとエアコンの風が届きます。:D


三菱:MSZ-ZW8016S-W (1)

三菱:MSZ-ZW8016S-W (2)

三菱:MSZ-ZW8016S-W (3)





こちらも塩ビ管仕様となります。:)








□---------------------------------------------------------------------------------------■


*** 設置機種名 ***


3F ベランダ;​Panasonic:CS-EX227C-W


3F 縦おろし;Panasonic:CS-EX227C-W


2F リビング;三菱:MSZ-ZW8016S-W


*◇*◆*◇*◆*◇*◆**◇*◆*◇*◆*◇**◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆**◇*◆

*** この時期、エアコン購入をお考えのお客様へ ***


エアコン価格は7~8月頃が一番高く、反対に11~12月頃が最安値となります。
 
(→機種によっては定価の半額以下になります!:D)

新モデルに切り替わる1~3月頃は去年度モデルのエアコンがお買い得です!

夏の間はLDKなどの必要なお部屋だけに取り付けておき、あまり使用しないお部屋には秋から冬頃に取り付けするのが賢明です。

お客様の中には、安い時期にエアコンを購入しておき、お家の完成・引越しに合わせて取り付けする方もいらっしゃいます。

弊社ではエアコン無料保管サービスを承っております。ネット購入したエアコンを直接弊社に送って頂ければ工事当日まで大切にお預かりさせて頂きます。

(詳しくはこちら↓

http://airconsyokunin.com/questions.html#netair


☆::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::☆


(*スティーブ・ジョブズはこんな名言を残しています。

「君が最良のモノをクリエイトしようとするなら、例えばもし君が大工で素晴らしいタンスを作ろうとしたら、良質の木を使うだろ?

たとえ外からは見えないからとは言え、『本物』を追求する人は背面にベニヤ板は使わないよね。」

これは私たちの「モットー」を代弁してくれています。

彼が言うように外からは見えないところにも耐久性の良い部材を使用し、ビス穴一つ一つ、コーキング処理を適切に施しておりますので安心してお任せ下さい。)

なにか疑問・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


新築専門エアコン職人.comの名前や工事内容と似たエアコン業社さんがいらっしゃるようですが、弊社とは一切関係ございませんのでお気をつけ下さい。
(※弊社は支店・営業所・協力会社は持たず、見積もりから工事に至るまで100%有資格の正社員工事となります。
そのため、大変申し訳ございませんがエリアを限定させて頂いておりますのでご了承下さいませ。)


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●





[お問い合わせフォーム]




(1)『新築専門エアコン職人 』:

http://airconsyokunin.com/form.php




(2)『新築専門アンテナ職人 』:

http://antenasyokunin.com/form.php





TEL:042-391-2220

0 件のコメント:

コメントを投稿